観光

縄文杉を見に屋久島へ ~まさかの粉砕骨折編~

縄文杉を見に屋久島に行ってきました。

20160507_151738_r
東京から鹿児島。鹿児島から乗り換えで屋久島に。

20160507_153829_r
プロペラ飛行機、初めて乗ったけど着陸時に風にあおられめっちゃ揺れて怖かった。

20160507_175830_r
お宿はペンション。
角部屋空いてるからこっち使えばと、YOU達こっちにしちゃいなよ!と見晴らしのいい部屋に変えてくれました。あざす。

20160507_164427_r
食事は出してないそうです。屋久島は観光目的上、早朝や夜遅くに戻ってくる人が多く、小さなペンションでは色んなニーズにこたえて食事を提供するのが難しいそうです。

20160507_173029_r
周辺パトロール中に焼酎の三岳がお土産やで1400円で売ってたので購入したのだが、50メートルほど歩いたところにある酒屋に行くとなんと900円台で売っていた。
しまった!やられた。

居酒屋で夕食。

20160507_183848_r
トビウオのから揚げ

20160507_181852_r
色んな魚

20160507_182142_r
とにかく美味しかった。気がする。飲みすぎました。


次の日朝4時に出発。
混むかもしれないとタクシーを呼んでたんだけど、結果的に登山道空いてたのでバスでもよかったかもしれない。
弁当屋で頼んでおいた弁当を受け取り登山口へ。

20160508_044431_r
我々が一番ノリっぽい。テンションが上がる。
でも姉さん、僕達はこの時まだ知らなかったんだ。あんな結末を迎えてしまうことに…。

暗闇の中、朝食弁当を食べて出発。

20160508_051222_r
トロッコの線路の上をひたすら歩きます。
枕木の幅に合わせて歩幅を合わせて歩くので少々歩きずらい。

20160508_055417_r
最初はスタンドバイミーチックで楽しいんだけど、そんな景色が2~3時間も続くので途中で飽きます。

20160508_071641_r
大株歩道入り口。ここから普通の登山になります。

トイレもここが最後ってことで寄ってみると、便器が虫だらけでヒェーーーッって感じ。とても体の弱い部分を露出する勇気が無かったのでスルー。

色々ブログ等見ててここからが大変と気合を入れてたんだけど、ここに来る前に色々山を登っていたので個人的には丁度いい感じ。


ウィルソン株

20160508_073904_r
ハートに見えなくもない。

20160508_082403_r_r
大王杉

夫婦杉

と、縄文杉にたどりつく前にも大きな杉が一杯。


誰ともすれ違わないし抜かれなかったけど、前方から団体がやってきた。
「あんた達が一番だよ。今誰もいないよ。もうちょっとだから頑張れー」
昨晩は山小屋で一泊してきたらしい。


屋久島は世界遺産になってから大人気で、この時もGWだったので人がいっぱいいたらどうしようと思ってたけど、人が少なくてよかった。

20160508_085121_r_r
しばらくして縄文杉に到着。

見晴らし台があって近くまでは行けないようになっていた。

ココに到着するまで、大きな杉をいくつか見て大きな杉に見慣れていたのか特別大きな感動は無かったが、写真では伝わらないけど、やはり圧倒的な風格。
誰もいない見晴らし台でしばし休憩することに。


20160508_081702_r_r
縄文杉からしばらく下山したところにある夫婦杉近くの休憩所で昼食をとることにした。
時刻はまだ午前中の9時。ちょっと早い気もするけど。
でもこれが判断ミス。もうちょっと下で食べようと言えばよかった。


30分ほど休憩して出発する事に。

先頭を歩きだそうとしたところ、後ろで「アッ」っという言葉とナニか鈍い音がした。

振り返ると連れが倒れていた。
どうやら段差を踏み外して転んでしまったらしい。

「大丈夫?」
声を掛けるが返事がない。またまたー。一人コント良いから、早く行かないと日が暮れるぜ?

再び
「大丈夫?」
と声をかけてみる。
が、返事がない。ただの屍の様だ…。いやいやいや、目空いてるし。

自分の声が届いてはいるようだが、とにかく反応が無い。

顔を覗き込むとおでこが真っ黒で陥没しているように見えてゾッとした。

え!?これマジ アカンやつとちゃうん?
べーって。ぱねーって。

でも、よく見ると葉っぱだった。

良かった。でも良くない。
ヤバい状態は変わらない。

10分ぐらいだろうか。とにかくこちらの問いに反応が無い。
うううぅ・・
うなっているので意識はあるようだけど。

一気に焦りが出てくる。

救助を求めるにも、登山口までここから4~5時間はある。ダッシュで下山して14~15時に救助が呼べたとしても、またここに戻ってくる頃にはもう夜だ。
仮にヘリを呼んだとしても、こんな山奥。え?そもそもいくらするんだっけ!?

なんだろう。本土にいるとなんとかなりそうな気もするけど、圧倒的秘境感が不安を増大させる。

アタフタしているとようやくこちらの問いに単語で答えてくれるぐらい回復してきた。
良かった。生きてた。

頭うったのかと思ったがそうでもないらしい。意識はちゃんとある。

でも立ち上がることも困難なようだ。それから何分くらい経っただろうか。
ツアーの団体が上がってきた。

「大丈夫ですか?」
ただならぬ雰囲気を読み取ってくれたのかガイドさんが声をかけてくれた。

ガイドさんが色々して問しているのに相変わらず言葉数が少ない。
代わりに答えてあげる。

どうやら腕が折れているらしい。本人は大丈夫と言うがだいじょばないだろう。
三角巾で応急処置をしてもらう。
(後からわかったことだが、この時すでに二の腕が粉砕骨折。肩も脱臼してたとか)

何とか歩けるようになった。
が、普通の人が歩くより断然遅い。しかもここは山の中。下山も大変だ。

一時はどうなる事かと思ったけど、なんとか自力で下山できそうでとりあえず一安心。
足をやって無くてよかった。前に進めるだけでも良かった。

20160508_081350_r_r
でも色々考える。普通に下山したとしても4~5時間はかかる。
このペースだと最低でも倍はかかる。日の入りまで下山できるだろうか?
朝一番でよかった。

最終のバスは18時だ。最悪、電波の届くところまで自分一人歩いて下山してそこからタクシーを呼ぼう。

20160508_083606_r_r
色んなことを考えながら2人分のリュックを背負いゆっくり、ゆっくりと下山。

あれから沢山の登山客とすれ違う。
皆心配してくれて声をかけてくれるが、本人が意気消沈で答えないので代わりに答える。
「ちょっと転んじゃって。でも大丈夫そうです。有難う御座います。」
何回、何十回。しまいには自分も疲れてしまった。
「大丈夫です。」

20160508_083820_r_r
そしてすれ違った人たちが頂上にたどりつきUターン、また追い抜かされる。
一番最初に登ったのに、皆にぬかされて一番最後になった。

20160508_105239_r_r
山の中で白い三角巾で腕を釣りながらゆっくりと歩く人。
俺も色々山に登ってきたけどこんなの見たことが無い。白い靄がかかってきた。なんかそんな幻想的な景色と相まって森の妖精にも見えなくもない。いや、妖精なのかもしれない


屋久島の森はジブリのもののけ姫のヒントとなったところでもあるらしい。
やっぱりだ!
俺、屋久島の森で妖精にあったんだ!ほ、本当だってっ・・・。

20160508_090435_r_r
最初に応急手当てをしてくれたガイドさんともう一度すれ違った時に、登山口まで救急車をお願いしておいたんだけど、指定の時間までに下山できそうにもなかったので、おそらくこの人たちが最後の登山者だなって感じの夫婦にちょっと遅くなるけど、なんとか下山できそうなのでもし見かけたら待っててもらうように伝言をお願いした。

んだけど、なんと救急隊が迎えに来てくれた。

再度応急処置をして抱えて移動は困難という事で、結局みんなで歩いて下山することに。

話を聞けば、屋久島で怪我をする人は結構いるそうな。

先日も転んで首の骨を折った人もいるとか。
びっくりしたのが、そんな屋久島の山奥から人を乗せ担架担いて下山もすることもあるとか。
どんなにタフやねん・・・。恐るべしレスキュー隊。

なんとか日の入りと同時位に下山できた。


生まれて初めて救急車に乗った。
しばらく山道を走っていると車酔いでダウン。なぜか救急車に乗ってる中で一番体調が悪い人に自分がなってしまった・・・。
もう少しで何か出てきそうだったが、助手席に乗せてもらって何とかギリ持ちこたえた。
なんかスンマセン。


その後駐車場で自分だけおろしてもらって車を取って病院に。

何時間経っただろう。もう夜の9時だ。

宿は温泉付き。焼酎の飲み比べセットを予約して楽しみにしていたのだが、どうも無理みたいだ。
ホテルにはチェックインが遅れる事と、食事付きプランだったので、余りもので良いので部屋になんか食べ物入れておいてとお願いした。
それから何度も電話があった。色々心配をかけて申し訳ないです。

結局解放されたのは夜の11時を回っていた。
粉砕骨折に肩の脱臼。手術の必要があるとか、島で出来ないので帰ってからとなった。

まあとにかく生きてたので良しとしよう。

ホテルに着くと、先ほどまで電話対応している人が出てきた。
想像してたより大けがなので驚いていた(笑)

20160509_003220_r
部屋に入るとごちそうが用意されていた。なんか無理いって申し訳ないです。


速攻で温泉に入って、一人で晩酌した。

海沿いの見晴らしのいい部屋だったのに、寝て帰るだけになってしまった。


次の日

靴も履けない相方の手伝いをする。
老人介護ってこんな感じなんだろうなぁ。

空港に着くと、なんとまさかの停電で飛行機が運休だった。
なんて日だ!今日も一体なんて日だ!!

こんなことってあるの?

色々災難は続くもんだ。
個人的にはもう一泊温泉でもって気分だったが、早く病院に連れて行かねば。

20160509_103833_r
結局、鹿児島まで船で渡り、何故か購入した時よりも高い運賃で羽田までの振替切符を買って何とか帰ってこれましたとさ。
チャンチャン。


最近の手術の技術は凄いんですね。粉砕骨折のため腕になんか支え的なナニかを埋め込んだらしいんですが、三角巾もなしで過ごしてる。
外見も普通の人とわからないくらい。

まあ色々あったけど、生きててよかったよ。

山、しばらく誘えないなぁ・・・。
こうしてまた一人、登山部のメンバーがいなくなった。

みんな~、次どこの山登る?ねぇ、ねぇ?
みんな~、コッチこっち~♪

あれ?

みんな~?

みんな・・・

どこいってしまったんやろ・・・。


そのまま日本酒会に参加。

20160509_224307_r
日本酒会なのに気が付けば何故か焼肉屋の外でワインを飲んでいた。

また、屋久島に行ったって夢を見ていただけなのかもしれない・・・・。

きっとそうだ、そうに違いない。


|

下呂温泉

20160410_143445_r_r
4月に下呂温泉にいて来ました。


20160410_155549_r_r
たまには親孝行でもするかと家族で。

旅好きな家庭で生まれたもんで、北に南にと子供の頃からよく連れ出されてました。

ふと思い出せば、子供の頃、つってもまだ4~5歳ですかね?お起きたら車の中でひとり。
外でたら、親がいなくなったと観光客にうわんうわん泣きながらすがって、親切な人と一緒にどっかの灯台に登って親と再開。
なんてたわいもない思い出が蘇る。

20160410_152225_r_r
もー、桜も満開ですわ。


20160410_154334_r_r_3
久々に両親と家族旅行、こうして家族で桜を見るのもこれが最後になるのかと思うと、色々考えてしまう。
もっと出来ることあったんじゃないかとか、親を亡くしている幼馴染の友達にもあーだこーだ色々言われたんだけど、正直よくわからない。

普通でいることでいいんじゃないかと。
それでいい。それがいい。

もっと良いところとか贅沢とかいろいろあるんだけど、本人が見たいところ行ってみたいところ。
そこに思い出があるんだろう。ここは素直に従おう。

20160410_163149_r
とにかく宿がすごかった。


20160410_163131_r
温泉宿いろいろ行ってるけど

20160410_164649_r
開放感がパない!

20160410_171331_r
過去に何度も訪れているとか。
センスがいいね。


20160410_165532_r_r
お食事処で飲みきれなかったボトル、部屋まで持ってきてくれました。


20160410_205926_r
いや~、いい宿だったなぁ。

下呂温泉、確か日本三名泉の一つ。
あのツルツルヌルヌル感は確かにすごい。


帰りは富山から新幹線で。

20151206_111114_r
グランクラスってのに乗ってみた。

20160411_165509_r
グリーンの上のクラスらしいですが、飲み物とか食べ物とか国際線の飛行機のエコノミークラスのサービスって感じでしょうか。


20151206_121824_r_r
とはいえ、シートは快適そのものです。


20151206_122649_r
元を取ろうと、お酒全種類飲んでしまいました。


グランクラスに乗るならば、時間はかかるけど各駅停車でノンビリ楽しむのがベストって気がします。


片道だけで、普通席で往復できるくらいの料金なのでそうそう乗れませんがね。

また機会があれば乗ってみたい。


|

中国地方の旅 出雲~広島編

そうだ、出雲に行こう!

20160312_105631_r
というわけで遥々やってきました出雲に。

まあ、厄払いも兼ねてるんですが。

20160312_120524_r_r
2~30人まとめてのお祓い。

なんかスーツ着て気合入ってるのは自分だけでした。
でも、すごく厳格な雰囲気。泣いてるお子様ずれの方は神主さんの一言で外に出されてしまいました。

20160312_123942_r
そういえば今年は旅ばかりしている。

20160312_130313_r
月イチのペースで

20160312_132106_r
北に南に。

20160312_132337_r
あんなに大っ嫌いだった飛行機も、マイルカード作るぐらいに

20160312_133255_r
外国も全然興味なかったのに

人生何が起きるか分からないものですね。
好きなものが嫌いになったり、嫌いなものが好きになったり。

20160312_153004_r
お宿は 玉造温泉の 旅亭山の井 にしました。

ちょっと昭和の古臭さも感じますが、まあまあのお宿。

20160312_182540_r
食事無しプランにして近所の地元のすし屋「若竹寿し」で夕食を取ることに。

20160312_175320_r
地元のお酒を数種類飲んで のど黒にお寿司
残念ながら干物ののど黒しかなかったです。脂ののった焼きが食べたかった。


20160312_184153_r
やっぱ温泉いいなぁ。


2日目。ちょっと羽を伸ばし広島まで行って見る事に。

20160313_132326_r
どーん

20160313_134614_r
出ました温井(ぬくい)ダム!

20160313_133505_r
説明しよう!温井ダムはアーチ型としては西日本で1位、全国では黒部ダムの次に巨大なダムなのだぁ!

20160313_132926_r
ダムファンとしてはいつか見に来たかったダムの一つ。

20160313_133259_r
ようやく願いがかないました。

20160313_133650_r
も~、温井ねこの♪


また出雲に戻って帰りは電車で。

20160313_184308_r
サンライズ出雲

20160313_190242_r
ノリ鉄としてはこれも乗ってみたかった電車の一つ。


さて次はどこに行こうかな。

| | コメント (0)

寝台列車カシオペア号 de アイスホテル ~北海道旅行~

寝台列車カシオペア号が引退というわけで、最後の記念にと北海道旅行に行ってきました。

20160219_160252_r
なんかテンションあがりますね。

20160219_160321_r
スイート取りたかったけど、恐ろしいほどの競争倍率で

20160219_161345_r
1階のツインシート席取るのがやっと。

20160219_162425_r
寝台列車が次々と無くなってさみしいですね。

20160219_171003_r
新幹線で高速に移動するのもいいですが、時間を気にせずゆったりな列車な旅も良いのに・・・。

20160219_173544_r
お酒を一杯買い込みました。

20160219_180419_r
カシオペアスペシャル弁当

20160219_202316_r
トワイライトエクスプレスの時は全然寝れなかったんですが、気が付いたら朝になってました。

20160220_071049_r
あっという間の18時間。

20160220_073330_r
なんか降りるのが名残惜しい。

20160220_112524_r
ありがとうカシオペア、そしてさようなら

20160221_085535_r
そのまま小樽に移動して一泊

次の日はとにかく北海の幸を食いまくることに決定。


朝は小樽の海鮮丼。
実は昨晩カシオペア号で酒を飲みすぎて二日酔い気味で鼻の調子が悪く味が全然わからず・・・。
やってもーたなぁ。


昼は札幌で味噌バターコーンラーメン。

20160221_173220_r
夜は牡蠣食べ比べ

20160221_184117_r
熟成肉


店を移して

20160221_194031_r
イカさしに

20160221_195922_r
タラバ このタラバメッチャうまかった。


そして今夜のお宿は冬の北海道で期間限定でやっている「アイスヒルズホテル in 当別」

20160221_214040_r
全部氷でできたアイスホテル

20160221_214115_r
この日は我々しかいなかったので貸切状態だったので3棟あるアイスホテルの部屋好きな部屋を選べました。

20160221_215017_r
結構札幌で飲んでからアイスホテルに来たのですが、外は猛吹雪の中、アイスバーで結構な長居してしまった。

20160221_230103_r
ジョッキも氷で出来てます。


そして就寝

20160222_003404_r
ベッドも氷でできてます。

20160222_072313_r
意外に朝までぐっすり寝れました。

20160222_072421_r
が、案の定次の日二日酔いぎみ・・・。

20160222_104948_r
帰りは東京まで飛行機のJALのファーストクラスを取ったんですが、

20160222_113402_r
気分が悪くお酒も飲めず、機内食も嫌々無理やり食う羽目に・・・。

20160222_113405_r
あぁ、もったいない。楽しみにしてたのに。


でも、北海道を満喫したからいっか。

|

軍艦島ツアー

2013年の2月にぶらり長崎に行ってきました。

20130224_070521
昔は北海道とか九州とかは飛行機で片道5万ちかく?した気がするんですが、今では格安航空会社も増えて1万円で行けちゃうので驚きです。

20130224_104607
でも、やっぱり飛行機は苦手。ずっと手に変な汗かいてました・・。

そんなこんな長崎は2回目。

20130224_123556
海に山にイイところですね。

20130224_124932
今回は軍艦島ツアーなるものに参加してみます。

20130224_125934
かつては廃墟マニアの聖地だったようですが、今では誰でも行ける場所になってしまいました。

ただ上陸するには波が何メートル以下とか制限があるらしいです。

この日は天気も良くツアー決行。

長崎港は造船工場も一杯あるようで、大きな船一杯作ってました。

20130224_130024
イージス艦も作ってるみたいです。って外から丸見えなんですが良いんですかね?

長崎港から30分くらい?

20130224_143456
ついに見えてきました。

20130224_133144
てか、なかなかポジ取りが難しいです

20130224_133251
いえーい、みてるー?

20130224_133834
というわけで上陸。

20130224_134607
学校

20130224_140237
日本初の高層鉄筋コンクリートマンションが出来た場所であったり

20130224_140323
ピーク時には5千人オーバー、83600人/㌔㎡ 世界最高の人口密度を誇ったり

20130224_140109
火葬場と墓場以外はすべてのものが揃ってたとか

20130224_135200
なんともミステリアスなスポット。

20130224_144516
帰りは島を一周。

20130224_145550
波が高くて秒速で酔ってしましました・・・。

|

キャンプ

すっかりご無沙汰じゃないっすか?

どーっすか最近。


そんなこんなでこの夏キャンプに行ってきました。
何月だっけ?7月の後半だったっけな?

東京の武蔵五日市にあるおおばキャンプ場。

20111003_132542
武蔵五日市駅からなぞのバスに乗って


20111003_132633
東京にも長閑なとこがあるんですね。

20111003_132713
結局、昼からず~~~~っと夜まで飲んでて、次の日死亡w

バンガローは楽でいいっすな。荷物も少なくて済むし。

20111003_132802
温泉行って、飲んで、温泉行って、飲んで、そんなのんべんだらりんな一泊二日の旅でした。


次は山キャンプに挑戦してみますかね?アルプス的な。

|

一人お気楽日本一周股旅 七日目(最終日)

というわけでずいぶん放置してましたが最終日。

朝から露天風呂入り~の、稚内名物?たこしゃぶを食いました。


Dsc008511
防波堤ドーム。

Dsc008521
北海道遺産らしいっす。


帰りの飛行機まで時間があったのでレンタカー借りて周辺をパトロール。

Dsc008541
ノシャップ岬

Dsc008561
日本でここにしか無い!何かがあるようなので寄ってみようと思ったけど、朝早くまだ開いてなかった…

Dsc008621
南下して噂の国道232号

Dsc008681
オロロンライン、行けども行けどもまっすぐ。
バイクや自転車だと気持ちいいんだろうなぁ。

このまま南下し続けると帰れなくなるんじゃないかと思い、適当なところでUターンして宗谷岬へ。

Dsc008691
そんなこんなで最終目標宗谷岬。
っんゴ~~ル♪

え?家に帰るまでが遠足だって?

Dsc008711
樺太が見えました。
地球に国境なんていらない。あえて一つ線を引いていいとするなら、地平線ぐらいじゃねーっすかねぇ?◯0o。(ー。ー)y―~~


最北端の食堂があるって事で入ってみた。

Dsc008721
カニみそラーメン!
予想以上に、にーかーが入っててビックリ。


Dsc008731
る~るるるる♪

そんなこんなで一週間気ままな一人旅も終了。
稚内空港から羽田にひとっ飛び。

走行移動距離 約4838㎞
無計画だったのでエライ出費、海外余裕で行けましたな・・・。

またいつか、のんびり旅にでも。

|

一人お気楽日本一周股旅 六日目 ~礼文島 その②

日本一周の旅 礼文島編 続き

Dsc007691
北に車を走らせ


Dsc007741
ついにきましたスコトン岬


Dsc007761
先っちょまで行ってみましょう、先っちょまで。

Dsc007771
こんな最北限に宿があるんですね…


Dsc007781
来ました最北限。

向こうに見えるのはトド島と言うらしいです。

何にもないとこだけど30分くらい黄昏てみました。


Dsc007731
最北限のトイレがあったので、色々放出good


Dsc007721
最北限のおみあげ屋で昆布焼酎と昆布を購入。

昆布は水につけて一晩おいたらヌルヌル成分がでて、その水を飲むらしい。
え?一個でいいの?って言われたけど
はにかみながら
ええwとりあえず。
と答えてみた。


ちょっと南下して


Dsc007891
スカイ岬

青いっすなぁ


Dsc007901
近くの売店でウニ丼を頼もうとしたら
無い!
と言われたので隣の店でシーフードカレーを頼んでみた。

レトルトカレーに礼文でとれた何かが入ってました。


Dsc007911
さらに隣の店で礼文のタコのなんとか焼きを注文。
味噌味だった。


Dsc007941
まだ帰りのフェリーまでの時間があったので、


Dsc007961
レンタカーのおっちゃんに、この道は軽自動車でも対向車きたらすれ違えないから注意してね。
と言われていた道を恐る恐る登って

Dsc007971
桃岩展望台に向かってみることに。


Dsc007981
途中からハイキングコースに合流してテクテク歩く。

Dsc008001
素晴らしい!

Dsc008011
最初からハイキングで良かったかな。

Dsc008021
どっかのサイトに礼文を車で回るのは邪道。礼文は歩く島です。
と書いてあったけど、確かに納得。

今年一番の解放感。
海に山に、丘に崖に

Dsc008031
この丘最高だったなぁ。
夏だともっとゴイスなのかもね。


Dsc008241
そんなこんなで利尻島経由で稚内へ。

次は百名山No.1登録の利尻山登りに来ますかね。


Dsc008391
贅沢な一日の使い方だったなぁ今回は。

これぞ旅って感じ。

いやはや素晴らしい。

そんなこんなで次回は最終回。
ゴールの宗谷岬を目指します。


|

一人お気楽日本一周股旅 六日目 ~礼文島

日本一周の旅六日目

今日は贅沢に稚内二連泊。

Dsc007031

フェリー乗り場に移動し


Dsc007051

海、渡っちゃいますか!


Dsc007061

二等客室は雑魚寝師匠。


Dsc007081

PSPで暇つぶそうと思ってたけど、フェリー思ってたより揺れて、秒速で船酔い・・・



うう、甲板に出て黄昏。


Dsc007151

利尻島が見えてきました。
海に浮かぶ利尻富士。100名山だけありますな。


Dsc007221

利尻にようこそ。いえいえ

そしてさようなら。

Dsc007291

フェリーに揺られること3時間、利尻島経由で念願の礼文島に到着。

港近くのレンタカーで軽自動車をレンタル。離島だけあって、レンタル料はかなり割高。
狭い島だからさぁ、色々行ってみてよ。信号も1か所しかないからw

というわけで早速パトロール開始

Dsc007301

まずは島の最南端知床。

磯の匂いというか、昆布の匂いがすごい。


Dsc007341

いやはや、長閑です。


Dsc007371

大自然満載

Dsc007381

原チャリレンタルもあったんだけど


Dsc007411

軽自動車で良かった。めっさ天気はいいけど寒い!
でも気持い。


Dsc007421

地蔵岩
近くまで行けず


Dsc007431

100メートルもあるとかないとか。

くるりんぱっと

Dsc007471

パイおつかいデ~…
え?、あ、桃?

あ、あ~、確かに、も、桃のようですね。

桃岩、なるほどね~、メモメモっと。


Dsc007491

つか、昨日は雪降ってたのに今日は快晴。
日ごろの行いが良いから。

良いじゃない!良いじゃない!


礼文島の北東を目指してみます。

Dsc007501

空港


Dsc007511

どうやら今は使用されてない見たいっすね。


Dsc007531

しっかしこの島は

Dsc007541

大自然満載ですな。


Dsc007601

シーズン前で緑は少ないですが悪くないです。


Dsc007631

え~何々?

この道を?
行けばわかるさ。
行くぞ~

行ってみましょう。ピリオドの向こうに



この道は暗黙のルールで一通なんですよ。
と、教えてもらってたので鼻歌交じりでのんきに走ってたら対向車来てばびりました。

そんなこんなで後半に続く。

|

一人お気楽日本一周股旅 五日目

駆け足で北海道まで来たけど、やっぱ日本一周満喫するなら1~2ヶ月ぐらい休みが欲しいっすなぁ。

Dsc006911
札幌といえばコレ!
ところてん…、この建物なんなんすか?

Dsc006921
とりあえず登ってみますか…
って、700円もするの!?

Dsc006931
サッポロって、東京でいう立川みたいな印象がする。

Dsc006961
何さん?

Dsc006971
5月半ばというのに桜!?

110514_105436
11時になったのでラーメン横丁に


110514_111733
この店にしたりますか。

Dsc006981
味噌バターコーン


特にこれってプランも思い浮かばなかったので思い切って北上。
札幌まで22時間以上電車乗ってきたというのに、さらに6時間かけて特急サロベツで札幌から稚内に。

たまにはのんびり列車の旅もいいですな。

稚内周辺、ゆ、雪降ってるよ!


Dsc007001
線路はどこまでも続くよ的な歌があったけど、これが現実!

雪というかみぞれ?風も強い。
5月だと言うのに稚内、もうわっかんないよ~。

|ω・)

Dsc007011
今日のお宿は、旅の宿うぶかた

稚内駅周辺、ホテルが満室で仕方なしにとったこの宿大正解。素泊まり4000円。
全館禁煙だけど、ヒノキの香りが凄く落ち着く。
ヒノキ風呂も入れて至れり尽くせり。


晩飯食おうと町に出たけど
110514_185124
晩飯食うとこね~!
スーパーも7時で閉店

しかもさぶい!!

仕方なくコンビニに行きました。


このへんって、アマゾンの当日発送とかできるのかな?

そんなこんなで本日の移動距離 356㎞
総合移動距離  4136㎞

|